Loading

スリランカ基本情報

■気候
熱帯性モンスーン気候に属し、年間を通じ平均気温が30°C前後という常夏の国です。場所と時期より乾期・雨期の期間が異なりますが、通常スリランカの雨季は雨がザーと降り、カラリと晴れるスコール型です。
また近年、乾期・雨期の時期が年により変化していますが、一般的には下記の通りとなっております。

◇南西海岸
ビーチリゾートや観光資源が集まっている南西海岸では、6~8月と12~3月が乾期、4~5月・9~11月が雨期となっています。

◇中 央 部
世界遺産が集まる中央部 (文化三角地帯)は、インターモンスーンの影響で雨が多い 4月と10~12月以外が乾期となります。

◇高原地帯
茶畑が広がるキャンディ~ヌワラエリヤ一帯は、年間を通じて雨が多いエリアとして知られています。ただし1~3月は、比較的雨が少ない時期となります。

◇北部
1~9月が乾期、10~12月が雨期となっています。

■服装
基本は「夏服=半袖・汗をかいても快適な服装」をご用意ください。ただし、機内やレストランは冷房がかなり効いていることが多いため、長袖のジャケットやカーディガン、スカーフなどもご用意されることをおすすめします。(気温により温度調節が可能な“重ね着スタイル”をおすすめします)

・寺院参拝は、脱帽・肩と膝が隠れる服装が入場の条件(タンクトップや膝が見えるショートパンツ、スカートは入場不可)となります。寺院観光が入っている日程は適切な服装のご準備をお願いいたします。また、寺院参拝の際は入口で靴を脱いで裸足での参拝(一部、屋外を歩きます)がルールとなっています。ご理解・ご協力をお願い申し上げます(靴下は可能です)

ヌワラエリヤなどの高原地帯を訪れる方:標高2,000m近くになるため、お天気によっては朝晩 10℃前後となる場合がございます。長袖のセーターやフリース等の防寒着をご準備ください。

アーユルヴェーダをお受けになる方:アーユルヴェーダの施術では「ハーバル・オイル」を利用します。通常オイルは施術後も洗い流さず、乾いたタオルなどで軽く押さえ1~2時間そのままの状態を保ちながら肌へ浸透させるのが効果的とされています。したがって、オイルが洋服に付着する場合がございますので「オイルがついても問題ない下着・洋服」をご準備ください。
また、体調が悪い場合や日本で医師からお薬を処方されている場合など、ご自身の体調で気になることがある場合は、必ずドクターの問診の際に各自でご申告いただき、アドバイスを受けてください。

■電圧・電源
スリランカの電圧は230-240ボルト・50サイクルです。海外対応の電子機器類は問題ありませんが、100ボルト仕様の日本の電化製品をお持ちになる場合は「変圧器」が必要となります。なお、プラグのタイプは3穴タイプ(B3/BF)の2つが使われています。

■チップ
スリランカはチップの習慣があります。一般的な金額の目安をご紹介します。

◇ガイド&ドライバー
-ガ イ ド:お一人様500ルピー~1000ルピー X日数
-ドライバー:お一人様300ルピー~ 500ルピー X日数

◇ホテル
-ポーター:お荷物1個100ルピー
-枕銭:お一人様1泊100ルピー

◇レストラン [お食事、お飲み物]
-代金にサービス料が含まれている場合: グループで100~300ルピー
-代金にサービス料が含まれていない場合: 代金の10~15%

■国名
スリランカ民主社会主義共和国

■位置
赤道から北に約880キロメートル、南アジア・イン ド半島の南東沖、インド洋上に浮かぶ島国

■面積
65.607平方キロメートル(北海道の約80%)

■人口
約2,103万人 (2016年)

■首都
スリー・ジャヤワルダナプラ・コッティ

■商業首都
コロンボ

■宗教
仏教-70.1%、ヒンズー教―12.6%、イスラム教―9.7%、キリスト教―7.6%、

■民族構成
シンハラ人:74.9% 、タミール人:15.3% 、スリランカムーア人:9.3%、その他0.5%

■言語
公用語―シンハラ語、タミール語、英語 (連結語)

■国旗
スリランカ最後の王朝であるカンディ朝時代の国旗をベースに、1978年にデザインされた。全体は黄色で縁取りされ、右側には右手に剣を持つ金色のライオンが、左側には緑と橙色 の帯が描かれている。この金色のライオンは、シンハラ族の祖先として伝わる「シンハ (=シンハラ語でライオン)」に由来している。四隅には仏教徒を意味する菩提樹の葉が描かれている。また、緑と橙色の帯は少数派民族であるイスラム教徒 (=ムーア人)とヒンドゥー教のタミール人を表している。

■国花
青のスイレン (ニンフェアステラータ)

■識字率
91.8%

■政治
政体は共和制。議会は一院制(定数225議席)

■経済成長
-1人当たりGDP 3,835米ドル(2016年)
-GDP経済成長 4.4% (2016年)

■産 業
-主要産業
農業(ゴムの加工、セイロン紅茶、ココナッツ、米)、繊維業
-主要貿易品目
【輸出】工業製品(繊維・衣類製品等)77.0%、農業製品22.6%、鉱物0.3%、
【輸入】
中間財(繊維関連等)50.9%、資本財26.8%、消費財22.3%
-主要貿易国
【輸出】 米国(27.3%)、英国(10.1%)、インド(5.4%)、ドイツ(4.9%)
【輸入】 インド(21.7%)、中国(19.6%)、シンガポール(6.1%)、UAE(5.8%)

◾️主要援助国
中国(26.9%)、(2)日本(9.7%)、(3)オランダ(2.9%) (2016年)
(注)なおDAC諸国合計に占める割合は以下となっている(2014年,DAC資料 )。日本(58.8%)、韓国(9.3%)、オーストラリア(9.1%)

PAGE TOP